大潟村げんき 秋田あきたこまち

■2007大潟村げんき_s320.jpg

◆地平線が見えるほど広大な干拓地、大潟村のお米

「げんき」は若くて活気のある生産者グループ。
子供たちと一緒に田んぼの生き物調査をする、やさしいお兄さんたちです。
やわらかく、もっちりしているのにのにあと味が良い「げんき」のあきたこまちは定番商品として最適です。 

◆生産者・大潟村げんきの皆さんからのメッセージ
私達が作ったあきたこまちは「秋田県特別栽培農産物認証」を取得しています。

昔ながらの土作りにこだわった栽培方法で、海水を入れてミネラル分も補給するなど、食味を上げる工夫も怠りません!私たちが作ったあきたこまちを是非お召し上がり下さい!

 

 

大潟村風景_s400.jpg

◆わたしたちのお米の特徴は…
有機質肥料で生きた土づくりをし、恵まれた環境で作られている私達の大潟村産あきたこまちは、病害虫に対する抵抗力も一段と強くなっているため、稲も健康に丈夫に育てる事ができ、特別栽培や、JAS認証の有機栽培に積極的に取り組んでいます。

 

秋田県で作られてこそ最高の味が出せる「あきたこまち」ですが、さらに手間ひまかけて、丁寧に栽培されたあきたこまちは、コシヒカリに負けないほど粘りが強く、かといってベトつかない、切れの良い味わいです。

 

大潟村MAP_s400.jpg

◆大潟村ってどんなところ?
大潟村では農家1軒あたり平均15ヘクタール(およそ45,000坪)という大規模稲作が可能な為、農作業の効率化を図ることができ、高品質の割には比較的リーズナブルな価格でご提供できるのです。

 

平坦で風通しが良いため、病害虫が発生しにくく、特別栽培にはとても適した土地です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆秋田県産あきたこまちの一般的な食感の特徴は?

秋田県産あきたこまちレーダーチャート.jpg

※この特性チャートは、『新コメ食味チャート』兜ト穀データバンク(1993年初版)をもとに作成した、産地品種の平均的な目安データです。

生産者の栽培や調整によって、データと異なる場合もございます。

特に特別栽培米生産者においては、水分を高めに調整する方が多いため、柔らかさや粘りなど、やや強くなる傾向があります。