どんな味のお酒なの?

「純米吟醸 長四郎」は新潟のお酒らしい淡麗ですっきりした味わいですが、

口当たりが甘い」のも特徴です。

はじめは甘く感じ、後味はすっきり」という感じです。

「純米吟醸 長四郎」には2種類あり、それぞれ違った味わいですが、

「はじめ甘く、後味はすっきり」というところは共通しています。

 

「純米吟醸 長四郎」はフィルターを通さないいわゆる「無ろ過」酒です。

搾りあがったお酒には通常若干の酵母などが含まれており、

長い時間を経ると風味が悪くなることがあります。

これを避けるため通常フィルターでろ過するのですが、

早い時期にできたお酒をそのまま味わうために、

あえてろ過しないお酒を「無ろ過」酒といいます

「純米吟醸 長四郎」は冬季数量限定製造なので、

全て「無ろ過」で出荷しています。

 

無ろ過酒は搾りたてそのままの深い味が楽しめます

言葉では何とも表現しにくい美味しさなのですが、

お酒の製造業界ではこの無ろ過の美味しさを

味わいに幅がある」と表現するそうです。

無ろ過マーク

 

→「純米吟醸 長四郎」トップに戻る