お金のかからない「店頭精米コーナーづくり」アイディア集

玄米の陳列方法のところでもお話ししましたが、店頭に精米機と、30kg袋を並べただけでは、本当にウェルカム感のない雑然とした印象を与えてしまいます。

 

しかしながら店頭精米を始めたばかりのうちは、売れるかどうかわからないものに「そんなに経費はかけられないよ」と思われるのも当然のこと。

 

そこで、お金のかからない店頭精米コーナーづくりのアイディアをいくつかご披露しましょう!

実際に、私が店頭精米導入をお手伝いしたお店で、コーナーづくりをした事例ですので、とても簡単で実用的な事例ばかりです。

 

まずは小物からご紹介します。

 

100円ショップのカゴを使った照明

照明を変えるだけでも、イメージはずいぶん違ってきます。

写真(右)の照明、なかなか素敵だと思いませんか?

実は私の手づくりで、制作費1,000円ほどです。

カゴ電球_s240.jpg 

電球にかぶっている竹細工は、100円ショップで買ったカゴを、2つ合わせただけです。

ヒモで上下のカゴを縛っています。

 

天井に照明をつけるレールが付いているのが見えますが、これを店内に数箇所つけておくと、こうした照明を臨機応変に、自由にぶら下げられるので、とても便利です。 

 

こうしたレールに付けられるコードの長い電球ソケットは、ホームセンター等で700円〜800円で売っています。

 

レール等の電設工事だけは、知識がないと危ないので、近所の電気屋さんにやっていただいた方が良いかもしれません。