Q:お米の販売って、簡単に出来ますか?

「お米が自由化されて、誰にでもお米を扱えるようになったって聞いたけど、何の許可もなく、簡単に販売できるのかなあ?」

そんな疑問をお持ちの小売店さんも、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

「酒販店をやっているんだけど、宅配の商材としてお米を販売したい」

「食品の通販ショップをしているんだけど、お米をアイテムに加えたい」

「店頭精米なら機械が小さいからウチの店でも出来そう!でも難しいのかな…。」

などなど…。 

 

お米は、どこの家庭でも消費する商品

食品や農産物、飲料などを扱うお店や、健康志向の商品を扱う通販ショップ等でしたら、お米は、ぜひ扱ってみたい商品に挙げられるのではないでしょうか?

まして、事故米や、汚染米、昨今の商品偽装事件などもありますので、身元のはっきりした、安全で美味しいお米を扱うことができれば、貴店の信用を高めることにもつながるはず。

 

しかしながらお米は、どこか特別な商品といった感じがして、なかなか取り扱うことを現実的に考えられない方が多いようです。

 

卸し問屋さんから、「新潟産コシヒカリ」、「秋田産あきたこまち」といった袋詰めのお米を仕入れても、スーパーと変わらないし、何ら差別化が出来ない。しかも、スーパーには価格で勝てないし、粗利も低い

お米を扱ってみたものの、こんな経験をした方、もしくは現在している方も少なくないかもしれませんね。

 

確かに米穀販売は、免許制ではなくなりましたので、やろうと思えば誰でも販売できる商品ですが、届出制ですので、一定以上の販売量がある場合は、届出をしなければなりません。

 

せっかく届出を出しても、どこにでもあるようなお米を売るのではつまらないですから、もう少し本格的にやりたいものですね。

 

精米には、熟練が必要なんじゃないかな。難しくないかな?」 そんな不安をお持ちの方も、ご安心下さい。

まったくお米を扱ったことのない方でも、貴店の営業形態や、予算に合った方法をご提案し、導入から、お米の仕入れ、販促方法に至るまで、サポートさせていただきます。

 

消費者に支持されるお米屋さんになるのは、それほど難しいことではありません。

ただ、営業に必要なことと、勘所を知っているか、知らないか…くらいの違いです。

 

100店舗近い新規のお米屋さん立ち上げを指導した私共が

みんなに喜ばれるお米屋さん」への一番の近道をお教えします!