老舗のお米屋さんがその成果に驚いた!
店頭精米オープンコンサルティング

数年前に弊社加盟店になっていただいた大阪のお米屋さんの一言。

「店頭精米は以前からやっていたのですが、どんなに売れても月10万円くらいが限界、 

正直、店頭精米でこんなにお米が売れるなんて思ってなかった。本当にびっくりしました!」

 

このお米屋さんは、売上の7割方が業務用卸でした。

業務用は、ただでさえ粗利が良くないのに、最近では相次ぐ他社営業との相見積もりで、さらに値下げを迫られたり、農協さえもが業務用直販をはじめたりと、ますます厳しい状況の中で、数年前から一般小売を伸ばそうと考えていたようでした。 

とても前向きなお米屋さんなので、新たに導入した店頭精米も、本当に一生懸命、拡販努力をしていましたが、いま一つ、実を結んでいない様子でした。

 

古くからお米屋さんを経営してきた方や、業務用のお米が柱になっているお店ほど、

このように店頭精米機を導入しても、なかなかうまくいかないお店が意外に多いようなんですね。

 

私の実感としては、通常のお米販売と、店頭精米販売は、「まったく別物の商売」と考えるべきです。

お米屋さんを長く経営されているプロのお米屋さんほど、長い時を経て身につけた常識が邪魔になるんですね。

「これまで扱ったことのない新たな商品を扱う」くらいな気持ちで臨むことが大事です。

 

とはいっても何十年もかけてつちかった商売は変えろといっても、そうカンタンに変えることはできません。 

若い後継者がいる場合は、後継者を店頭精米担当者にすることが一番の近道です。

実は前出の大阪のお米屋さんも、2代目の息子さんが店頭精米販売の担当となり、弊社と二人三脚で新たな道を確立しました。

現在は、先代のお父様が現役を退き、その息子さんが代表者となって立派な経営をされています。

 

さて新たな商品に臨む意気込みで意識を変えたとして、あるいは後継者を担当者に据えたとしても、現実的には何からしたら良いかが問題です。

100店舗以上の店頭精米店を成功に導いたオープニング手法
一部ご紹介致します!

そこで新たに始めた店頭精米を1日も早く軌道に乗せるために、弊社がいつも提案している店頭精米導入の際の手法をここで、いくつか紹介したいと思います。

 

これまでに100店舗以上の店頭精米販売導入を成功に導いたオープニング手法のあらましです。 

 

 

【その1】付加価値を伝える仕組みとツールづくり

店頭精米は、お米自体の希少性に加え、つきたての鮮度や、お好みの分づきなど、その付加価値をどれだけ伝えられるか成功のカギです。

そうした情報を整理しておくことはもちろんのこと、それらをわかりやすくお客様に伝えられるツールをきちんと制作しておくことが大切です。

 

【その2】簡易リニューアル

お米屋さんの店頭は、異業種に比べ、全般的に商品アイテムが非常に少ないですが、業務用を主体とするお店は商品が少ないだけでなく、ちょっと入りにくいウェルカム感のないお店が大半です。

そこに店頭精米機とお米を並べただけでは、売れないのは当たり前

 

お金をかける必要はありません。

 

ホームセンターで材料を揃えてDIY(自作)でも、ちょっと気の利いたリニューアルはできます。 

思い切って1週間ほどお店をお休みしてみるのも方法。

きちんと前告知ができればお客様の期待感が高まり、リニューアルオープンと同時に大きく来店を促せます。

 

ヒマのない方は近所の大工さんに相談してみてもいいでしょう。

DIY(自作)なら30万円以内、大工さんに頼んでも80万円以内くらいのリニューアルで十分。

DIY(自作)なら、5万円〜10万円程度でも、工夫次第でも結構、格好がつくものです。

 

→DIY(自作)リニューアルのヒント(店頭精米販売の秘訣)はこちら 

 

 

【その3】リニューアルオープンセール

「リニューアルオープンなんて、店舗を改装するお金もないし…。」

「もう一生リニューアルオープンなんてできないなあ。」

なんて思っていませんか?

 

リニューアルオープンは、

お金をかけて店舗を全面改装した時だけに行うものではありません

上記のような部分的DIY(自作)改装でも十分です。

 

「当店はこんなコンセプトに変えました!」

「お客様へのサービスがこれだけ向上しました!」

ときちんとお伝えするお披露目会がリニューアルオープンの目的です。

 

ですから、できれば2〜3年に1度くらい、お店を“プチ”リニューアルして、

リニューアルオープンセールをすることをお勧めします。

 

こうすることで自分たちお店側も、自店のコンセプトやサービスを見直すことができますし、またお客様も新たな気持ちで、あなたのお店を見つめ直してくれる機会ができます。

 

また、リニューアルオープンセールの直前(1週間前〜前日くらいの間)に、

既存客や、上得意客だけのためのご招待会などを上手に企画すると、

さらに口コミ客を誘引できますので、ぜひお勧めです。

 

ただし上得意のお客様が、しっかりお友達を誘ってきてくれる

仕組みとツールをしっかり準備することを忘れずに。

 

 

【その4】ドアコール

リニューアルオープンの時だからこそ、ドアコールは、とても大きな威力を発揮します。

 

だれでも突然の来訪営業は嫌がるものですし、

やる方も怒られないかなとドキドキしてしまうドアコールですが、

リニューアルオープンだからこそ、ドアコールの威力は抜群です!

 

ただし呼び鈴を押した時のあいさつの仕方や、手渡しツールに一工夫が必要です。

 

弊社でも主婦を中心としたドアコール隊編成して、延べ10万件近くのドアコールを実践してきましたが、苦情が来て困ったということは一度もありません

 

どこの地域でも、ドアコールの在宅率は、大体40%程度

不在の時に、ポスティングするツールもしっかり準備しておくことが大切です。

 

 

【その5】固定化の仕組みとツールづくり

 さてリニューアル時に、せっかく集客して、新しいコンセプトやサービスをお披露目しても、お客様がリピートしてくれないと安定した商売にはなりません

 

そこでリニューアル時にご来店いただいたお客様の名簿取得のための仕掛けづくりと、リピートを促すための仕組みをきちんと整備しておく必要があります。

 

このリピート客のための仕組みづくりが一番のポイントです。 

 

 

加盟店としてご入会いただいたお店様には、もれなく、こうした一連の仕組みづくりのお手伝いをさせていただきます。

 

また情報会員、WEB会員としてご登録の方にも、有料となりますが、ご希望により同様の仕組みづくりサポートをさせていただきます。