「玄米ってやっぱりスゴイ!」  2006年6月1日記事

先日5月7日(2006年5月7日)「あるある大事典」で玄米が特集されました!


テレビの力ってやっぱりすごいですね…。

先日5月7日に、フジテレビ系「発掘!あるある大事典」で、「全部わかった?!玄米の真の実力」と題して、玄米の特集が放映されましたが、その後お米屋さんには玄米の問合わせが殺到しているそうです。

 

【玄米で、便秘改善とダイエット効果大!】
テレビ画面1.jpg番組内で、玄米を1日1回は食べるという人、千人にアンケートを取ったところ、様々な効果が得られたという回答が集まったそうです。

特に多かったのが、便秘改善と、ダイエット効果だそうで、アンケート回答者1000人中、644人、なんと約3分の2の人に効果があったとのことでした。

 

テレビ画面2.jpg
テレビ画面3.jpg

【医食同源 病気改善の事例も…。】
番組内で、もうひとつ効果が出た事例として紹介されていたのが、病気の改善でした。こちらは千人中、27人と少数ではありますが、重度の2型糖尿病と診断された人が、食事を玄米に変えて半年で薬の必要がなくなるほど改善したとの事例報告もありました。

 

【効果の源は、ぬかと胚芽の栄養価。】


@食物繊維が白米の6倍

玄米と白米の食物繊維の差は、なんと6倍、その差は茶碗一膳分で、ところてん3杯分もあるそうです。

Aビタミンは4〜14倍も。

ビタミンEは14倍、B群も4〜5倍も白米より多く、その栄養価はなんとアーモンド25粒分、豚肉なら3枚分、イワシで2尾分、ブリ半身分の食材に相当するそうです。

Bミネラル分も3〜5倍!

鉄分、カリウム、マグネシウムなどのミネラル分も3〜5倍。
レバーなら19g、バナナ28g、納豆なら1パック分に相当する量の栄養価だそうです。

 

玄米くん_s160.jpg

【食べにくさの克服と効果を高める方法】
アンケートでは、効果を実感できない人も千人中291人いました。
これは玄米がもともと消化吸収しにくい食品だそうで、よく噛まないと効果が出にくいのだそうです。
また玄米はパサパサして食べにくいとの声もあり、この2大デメリットを克服する炊き方が番組で紹介されました。以下にそのレシピをご紹介しますので、ぜひお試し下さいね。
玄米食べて元気になろう!


【ギャバも約2倍に増える 簡単!玄米の美味しい炊き方 発掘!あるある大事典編】

@ 玄米3合につき、大さじ2杯のプレーンヨーグルトを入れ、よくかき混ぜます。
A この時、ヨーグルトの固まりが残らないよう気をつけます。
B 30分〜1時間漬け置きします。
C あとは玄米モードで普通に炊くだけで出来上がり。

 

【炊飯器に玄米モードがない場合】
玄米をあらかじめ手で強く研ぎ、表面にキズをつけて水が中に浸透しやすいようにします。
さらに漬け置きの時間を2時間にすると白米モードでも美味しい玄米が炊けます。
ヨーグルトが水のpHを下げ、アミラーゼが活性化することにより、玄米特有のパサパサ感がなくなり、甘みが増して食べやすくなります。
しかもギャバが、通常の約2倍に増えるとのことです。

 

【出典】
発掘!あるある大事典のホームページ
http://www.ktv.co.jp/ARUARU/

 

「玄米工房通信」 2006年6月1日記事