栽培技術の違いが美味しいお米を作る

 こんにちは!
ピュアネットジャパンの関根弘幸です。
 今回はお米の栽培技術のお話です。

 美味しいお米というのは、一体、何が違うのか?
お米の流通が食管法で管理されていた時代(平成7年より前)では、

新潟の魚沼産が美味しいとか、秋田の仙北産が良いとか、

産地と品種で判断するしかありませんでした。

 流通が自由化された今では、「生産者の顔が見えるお米」は当たり前に

販売されていますが「生産者の顔が見える=安心」だけがメリットではありません。

 

 実は、生産者それぞれの栽培方法や、乾燥調整などの技術で、

安全性だけでなく、美味しさも格段に変わります。

 美味しいお米が出来る条件は、「@種、A人、B自然」の順に大切だと言われます。

種というのは、コシヒカリ、あきたこまちなどの品種、

人というのは、生産者の栽培技術、

自然というのは、土、水気候などの自然条件。

特に栽培技術については、品種や自然条件が少々劣っても、

そこそこの食味は出せるといわれるほど、大切な要件です。

 

事実、多くの生産者と十数年来、関わってきた私共の経験からも、

埼玉などの生産者が、新潟米にも引けをとらない美味しいお米を作るというのは、

珍しいことではありませんし、上手な生産者は、毎年の味や品質のバラツキも

他に比べて、少ないということを実感しています。

 

そこでこうした栽培技術の違いを、ご紹介してみたいと思います。

 

今回はその第1段として、「疎植栽培」をご紹介します。

疎植の反対は、密植といいます。

疎植とは、その字の通り稲を植える密度を少なくするということです。

こうすることで、稲一株一株が、広く根を張り、たくさんの養分を吸収できるとともに、

稲全体に日の光が良く当たることで、光合成が進み、生育の良い健康な稲が育ちます。

また株と株の間が広いため、風通しもよく、

稲の病気や害虫も防げるという利点もあります。

「そんなにイイコトづくめなら、誰でもやるんじゃないの?」と言われそうですが、

実はそうでもありません。

 

写真Aは、一般の生産者さんの田んぼ、写真Bは疎植栽培をする生産者さんの

田んぼです。

疎植栽培では、1坪当りの株数も一般から比べると、20株以上少なく植える生産者も

いるほどです。

写真Bを見てわかる通り、普通の田んぼと比べると、ちょっと弱々しい感じが

してしまうほど、少ないですよね。

 

 実は、収穫量を減らしたくないと考える一般の生産者には、

こうした疎植での植え付けは怖くて、なかなか出来ないのだそうです。

次号につづきます。

 

目次はこちら